口臭チェック

口臭の確認方法には9つのチェックを行うことでいつでも、どこでも口臭を知ることが出来ます。
口臭は朝起きた時が一番強く、仕事中や電車の中など自分の口臭の臭いが気になるものです。
口臭は自分では中々把握することが出来ません。口臭のチェックを行い自分の臭いを把握して置きましょう。

1. コップを利用して口臭の確認方法は

自分の息をコップに吐き、臭いを確認する方法があります。コップに息を吐いて蓋を閉め、深呼吸してからコップに鼻を近づけて臭いを嗅ぎます。

2. オキシドール溶液を利用して口臭の確認方法は

オキシドール溶液は通常、歯磨きや歯垢が残っているか確認する事が出来る液体です。口の中をオキシドールでゆすぎ吐き出した中にたくさんの泡が発生している場合は口臭が発生している可能性があります。

3. 口臭チェッカーを利用して確認するには

口臭チェッカーを利用する際は測定部分に息を吐きかけることで口臭を測定することが出来ます。市販されている物は機能や性能にばらつきがあるので正しい口臭具合を知ることは出来ません。

4. 舌の確認方法には

鏡で自分の舌を確認して白や黄色っぽいポツポツしたもの(舌苔)がある場合は細菌や食べカスが舌に付着しているので口臭を引き起こします。

5. デンタルフロスの臭いで確認する方法は

デンタルフロスは歯磨き後に使用するもので、歯と歯の間に付着したプラークの臭いを嗅ぐと自分の口臭を確認することが出来ます。

6. 唾液で口臭の確認方法は

唾液が酸っぱくなったり苦くなったりすると口臭になります。口臭の原因物質が口の中に充満している状態です。

7. ビニール袋で息を吐き口臭の確認方法は

ビニール袋に自分の息を吐き、容器に入った息の臭いを嗅ぐことで自分の口臭の臭いを確認することが出来ます。

8. マスクを使って口臭の確認方法は

マスクは鼻から口まで覆いかぶさる物を選び、マスクを付けた状態で1分間程度、ゆっくりと口から息を吐きます。吐いた息を鼻から吸うようにすると自分の口臭を確認することが出来ます。

9. 手を舐めて口臭の確認方法は

手の甲や手首を舐めることで自分の口臭を確認することが出来ます。片手の甲や手首を舐めて約30秒~1分後に臭いを嗅ぎ自分の口臭を確認します。衛生的には問題がありますが、簡単に口臭を知ることが出来ます。

おすすめ口臭対策予防グッズランキング