口臭チェック

あなたの口臭の種類と原因をチェックしてみよう

口臭と一言で言われますが、口臭には様々な原因が有り、原因毎に沢山の種類が有ります。
そして、自分の口臭の種類が分かれば対策を立てることができます。
つまり、自分の口臭の種類を知ることは、口臭の予防、改善の為の第一歩なのです。

そして、この記事では、そんな口臭の種類について解説していきます。

是非、貴方の口臭の種類を調べる為に役立ててください。

口臭の種類にはどんな物が有るのか?

口臭の種類
虫歯菌や歯周病菌が原因の口臭

虫歯菌や歯周病菌が多いと、それらの菌の活動によって口臭が強くなります。

口の中の虫歯や歯周病を放置していると、口の中にいる虫歯菌や歯周病菌の数が増え活動が活発になります。

そして、それらの菌の活動が活発になると、口の中に小さな食べカスがついただけでも、そのカスを栄養にして菌が口臭の元となる物質を作り出し、口臭が強くなります。

また、虫歯を放置し歯の奥深くまで虫歯が進行すると、肉が腐敗したような臭いがするようになります。

病気が原因の口臭

内臓系の病気を発症すると口臭が強くなります。

内臓系の病気による口臭の臭いは、独特の臭いがします。それは、病気によって異なり甘かったり、酸っぱかったりします。

また、口臭だけでなく体臭からも臭いがします。

長期間甘い、酸っぱいなどの口臭が続くのなら、病院にいって検査を受けるのが良いでしょう。
関連記事:病気からくる口臭とは?恐ろしい病気のサインかも?

乾燥が原因の口臭

口の中が乾燥していると感じる時は口臭が強くなります。

口の中を潤している唾液には、殺菌効果が有り、実は口の中が湿っているというだけで、口臭を予防する効果が有ります。

そして、口を開けて寝ている、お腹が空いている時などの、口の中が乾燥している時には、唾液の殺菌効果が弱まるので、口の中の口臭の原因となる雑菌の活動を活性化し、口臭が強くなるのです。
関連記事:口の乾燥は口臭の元!?ドライマウスの原因とは?

食品(たばこ)が原因の口臭

にんにくやにらなどの臭いが強い食材や、多量のお酒を体内に取り入れることは、食事を通して臭いの原因成分を取り込むことでも有ります。

そして、食事で取り入れた、これらの臭いの原因成分が体内から排出されるまで、口臭が強くなります。

また、食品では有りませんが、タバコも口臭を強くします。

タバコは口臭の原因となる成分を多く含み、喫煙期間が長くなる程蓄積され、長期間喫煙を続けると、臭いが抜けるまでに長い期間が必要になります。

ストレスが原因の口臭
ストレスや極度の緊張が起こった場合でも口臭は起こります。
これは、ストレスなどによって口の中が乾きやすくなることからです。
また、稀にストレスによっての、口臭ではないのに自分の口臭は強いと思い込む方がいます。

口臭は自分では判断が難しいので、口臭チェッカーを使ったり、不安なら1人で思い悩まずに、病院にいって医師に相談した方が良いでしょう。

口臭の種類はこんなにも!?あなたの口臭の種類をチェックまとめ

口臭まとめ
口臭には沢山の種類が有ります。

そして、自分の口臭の種類を知ることで改善の糸口が分かります。

ただ、自分で自分の口臭を調べるのは難しいので、しっかりと知りたいと思う方は、病院にいって医師に診断をお願いするのが良いでしょう。

おすすめ口臭対策予防グッズランキング