胃痛の男性

ピロリ菌は人体の胃に住みついている細菌です。

ピロリ菌は胃の不調を引き起こし、消化不良を招きます。食べた物が消化されずに発酵することで臭いの原因物質が体内で発生します。臭いの原因物質が血液に溶け込み、肺まで回ることで呼吸を通じ口臭が発生します。

ピロリ菌は口臭以外に胃や十二指腸の病気や胃がんなどをを引き起こすとも言われています。
そんな恐ろしいピロリ菌と口臭の関係を見ていきましょう。

ピロリ菌とは

ピロリ菌
(出典WikiPediaヘリコバクター・ピロリ
ピロリ菌とはヘリコバクター・ピロリと呼ばれ、人体の胃に存在する細菌です。
ピロリ菌は人の胃に住み込み胃壁を傷つけたり胃粘膜液を減少させたり胃酸の分泌を高める為に胃炎や十二指腸潰瘍、胃がんなどを引き起こします。
ピロリ菌はらせん状の形状で数本のべん毛で胃の中を移動しています。ピロリ菌は胃酸に強く、中和させることで口臭の原因物質を発生させます。ピロリ菌が出すウレアーゼと呼ばれる酵素が胃酸を中和させ、存在する尿酸を分解しアンモニアが発生します。このアンモニアが血液に溶け込み肺から呼吸を通じ口臭になります。
ピロリ菌が発生させる消化不良の臭いの原因物質は口臭として卵が腐ったような臭いがあります。

ピロリ菌などで発症する病的口臭には

病的口臭には口内で発生する虫歯や歯周病、耳鼻咽喉系疾患、代謝性疾患、胃腸の病気などと言われています。口臭は多くの割合は口内に原因があると言われています。口内にある虫歯や歯周病で発生する口臭の場合は歯科医院にご相談して対応することが出来ます。

ピロリ菌に感染しているか調べるには

口臭まとめ
ピロリ菌は病院で医師の診察を受けることで検査することが出来ます。ピロリ菌の検査を受けることで口臭や胃腸の不調を改善され、胃がんの発生を予防することが出来ます。ピロリ菌の除菌方法には3種類の薬を使います。薬には2種類の抗菌剤と胃酸の分泌を抑制させる薬になります。75%の確率でピロリ菌を除菌させることが出来ると言われています。ピロリ菌が原因で発生する口臭は病院に相談し医師の診察を受けて口臭対策に取り組むことが出来ます。

おすすめ口臭対策予防グッズランキング