口臭特徴

口臭がきつい人の特徴には3つの共通点があります。
口臭は主に口内の唾液の分泌が正常にされていないのが原因と言われています。
しかし年齢を重ねた方の口臭には加齢による物や毎日の歯磨きが不十分、嗜好品を好んで摂っているなどの共通する原因があります。
口臭がきつくなる理由を見ていきましょう。

口臭のきつい人の特徴は年齢によるもの

口臭は年齢を重ねるごとに強くなる傾向があります。特に40歳を過ぎた方は口臭対策を行う必要があると言われています。

・加齢による口臭の原因には
年齢を重ねた方は基礎代謝の低下でカラダの免疫力も衰えます。カラダや口内の免疫力が低下すると細菌が多く増殖したり唾液の分泌が減少してしまいます。
・免疫力が低下して細菌の増加や唾液の分泌が減少すると
口内で細菌の増加や唾液の分泌が減少すると食べカスや細菌が洗い流されず、虫歯や歯周病に成りやすくなります。

口臭がきつい人の特徴は歯磨きが上手に出来ていない

口臭がきつい人の特徴には歯磨きが上手に出来ていないことが多いです。

・歯磨きが不十分の方は歯周病になりやすい
歯磨きの仕方が上手に出来ていない方は歯周病になりやすく、口臭の発生する方が圧倒的に多いです。
・口内に食べ物のカスが残っていると口臭を招く
口内に食べ物のカスが残っていると歯と歯の間がネバネバになり、歯周病菌の原因がこびりついてしまいます。このネバネバが口臭を引き起こします。
・マウスウォッシュを使用している方は注意が必要
マウスウォッシュはあくまでも歯磨きをした後や口臭を一時的にケアするもので、歯磨きをしていない状態でマウスウォッシュを使用すると食べ物のカスの口臭とマウスウォッシュの香りでニオイの改善にはなりません。

口臭がきつい人の特徴は嗜好品を好む

口臭がきつい人の特徴には嗜好品を好んで食べたり飲んだりしています。

・主な口臭の原因になる嗜好品には
動物性食品や匂いが強い食品、アルコール、栄養ドリンク、コーヒー、タバコなどと言われています。
・一番口臭がきつくなる組み合わせには
喫茶店や飲食店、喫煙所でタバコとコーヒーを組み合わせで摂っている方は一番口臭がきつくなると言われています。
・タバコが口臭を招く
タバコを吸わない方は唾液の分泌が正常に行われているので食事や飲みを摂っても浄化作用が働き口臭を防ぐことが出来ます。タバコを吸う方はニコチンの影響で唾液の分泌が抑えられ口内が渇いた状態になり口臭が発生すると言われています。
・口臭がきつい方は習慣を見直す
普段の生活習慣や食生活を見直すことで口臭を予防することが出来ます。特に食事後などに摂るタバコとコーヒーは独特で強烈な悪臭を発生させるので気を付けましょう。

おすすめ口臭対策予防グッズランキング