口臭女性

ホルモンバランスが乱れると口臭を引き起こします。
一般的にホルモンバランスが乱れやすいのは女性になります。
女性には特有のニオイが存在し、臭いにも敏感です。

ホルモンバランスが乱れることで発生する口臭の原因と仕組み、対策方法を見ていきましょう。
ホルモンバランスを保つには2種類のホルモンが関係しています。
女性に多い女性ホルモンと呼ばれるホルモンは妊娠や出産に備えて卵巣に分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)になります。

ホルモンバランスと口臭

口臭
ホルモンバランスが乱れると女性ホルモンと呼ばれるエストロゲンの分泌が減少して口内が渇きやすくなります。
口臭の原因でも知られていますが、口内が渇くと唾液の分泌が減少して細菌が増殖しやすい状態になります。
唾液の働きには口内の細菌や食べカスなどを洗い流す作用があり、口臭の原因を取り除いてくれます。
特に月経期はホルモンバランスが乱れやすいので注意が必要です。

ホルモンバランスと歯周病と歯肉炎

歯ブラシ
ホルモンバランスが乱れると女性ホルモンと呼ばれるエストロゲンの分泌が増加し歯周病菌の増殖を招きます。
歯周病や歯肉炎は口臭の原因になるのでしっかり歯垢の掃除(プラークコントロール)をして置きましょう。
特に妊娠中になると妊娠性歯肉炎を引き起こす場合があります。毎日、しっかりと歯磨きを行いましょう。

ホルモンバランスと更年期障害

外人おばさん
更年期は女性にとって女性ホルモンの分泌が急激に減少する時期です。
女性の閉経前後10年はホルモンバランスが乱れやすく、口内が渇き口臭が発生しやすい時期になります。
女性ホルモンの減少が引き起こす更年期障害はカラダ機能(胃腸)の不調からも口臭が発生する可能性が高くなります。

ホルモンバランスの乱れで引き起こす口臭は主に生理的口臭になり、口内が渇くことで発生します。
ホルモンバランスが原因で起こる口臭は水分を多めに取り、口を動かし、適度な運動、しっかり睡眠を取るなどの対策で改善することが出来ます。
その他は食生活や生活習慣に気を付けることで予防出来ると言われています。

おすすめ口臭対策予防グッズランキング