肥満

肥満は口臭の原因になる可能性がある!
ということを知っていますか?

実は、肥満によって口臭が強くなるという研究結果がイスラエルの大学から発表されました。
その研究レポートでは、イスラエルに住む沢山の人達に協力してもらい、口臭の強くなる傾向を分析しました。
その結果、太っている人は口臭が強くなる傾向に有る、という結論が出ました。

ただ、そこ研究レポートでは口臭が何故強くなるのか?という答えを出すことはできませんでした。
この記事では、私なりに太っている方は、何故口臭が強くなる傾向に有るのか?という理由を考察していきます。

肥満による口臭の原因とは?

考えられる理由としては、肥満の方の生活習慣で口臭の原因となりえるのは、食生活睡眠だと思います。
それぞれについて解説していきます。

肥満の方の食生活が口臭の原因?

肥満の方は、普通体型の方や痩せている方と比較して、食事の量と回数が多い傾向に有ります。
食事の量や回数が増えることで、口の中に残る汚れも増えます。

汚れが多い程、口の中の口臭の原因菌が活発に働くので、口臭が強くなります。

勿論、歯磨きをされているとは思いますが、恐らく歯磨きの回数は、肥満の方も他の方と変わらないと思いますので、食事の量や回数の増加は口臭に繋がると考えられます。

肥満の方の睡眠が口臭の原因?

肥満の方は、睡眠時にイビキをかく方が多いです。
これは脂肪によって喉が圧迫され息の通り道が狭くなるからです。

そして、イビキをかくということは口呼吸をしている、ということです。

口呼吸は口の中を乾燥させ、乾燥により口の中の口臭の原因菌の活動を活発にします。

脂肪で喉を圧迫されている肥満の方は、どうしても睡眠時は口呼吸になりがちで、寝ている間は口の中の乾燥が進みます。そして、口臭が強くなると考えられます。

 

ここでは肥満による口臭の原因を2つ考えて見ましたか、どちらも有り得る内容だと思います。
どちらの原因も解決しようと思ったら、痩せることが解決に繋がります。

そのため、肥満で口臭が気になる方は、ダイエットに乗り出してみることが効果的だと思います。

おすすめ口臭対策予防グッズランキング