ドライマウス

口の中がネバツキ、何だか嫌な臭いがするという方もいるのではないでしょうか?
実は口の中が粘つくのにはちゃんと理由が有ります。
そして、その理由を改善すればネバツキを予防することも、ネバツキによる口臭も防ぐことができます。

この記事では、そんなネバツキによる口臭の原因を解説していきます。
これを読めば、口の中のネバツキに悩まされることはなくなるでしょう。

口の中のネバツキの原因は?

口臭のネバツキ原因
口の中のネバツキの原因は、唾液の分泌不足による乾燥です。
唾液には抗菌、殺菌効果が有り、適度に分泌されることで口の中を綺麗に保ってくれています。

しかし、何らかの理由で唾液が分泌が滞ると、口臭の原因菌の活動が活発にはり、口の中がネバツキます。
この一連の流れによって、口の中がネバつくのです。
そして、唾液の分泌が滞り、口の中が恒常的に乾燥する症状を「ドライマウス」と呼びます。

ドライマウスになると恒常的に唾液の分泌が滞るので、口の中が常にネバついている状態になり、口臭も強くなります。
また、虫歯が出来やすくなったり、口内炎が出来やすくなったりもします。

口の中がネバツキ、更に乾燥している方はドライマウスの可能性が高いです。
ドライマウスによる口臭は、ドライマウスを治療することで、改善することが出来ます。

ドライマウスの改善方法は?

ドライマウスを改善するには、口の乾燥を減らさなければいけません。

食事をするときは、咀嚼(よく噛む)回数を増やすことを心がけましょう。
よく噛むことで、唾液線を刺激して唾液がよく出るようになります。

また、カフェインの大量摂取・アルコール・ニコチンは唾液を減らしますので極力避けましょう。
水分を沢山取ることを心がけましょう。

また、ドライマウスは重大な病気からくるものもあります。

ドライマウスを引き起こす病気は

糖尿病
シェーグレン症候群
自律神経失調症
放射線治療の副作用

などが有ります。

恒常的に口の中が乾燥しネバつくドライマウスの状態が続く様なら、これらの病気を発症していることが考えられます。
「そう言えば、最近口の中がずっと乾燥してるし、ネバツキが取れないな、、、」
というような方は、病院にいって検査を受けた方が良いでしょう。

口の中のネバツキの原因は、ドライマウスの可能性が高いです。
恒常的に口の中が乾燥しネバツキが続いている方は、1度病院に行って検査を受けてみても良いと思います。

おすすめ口臭対策予防グッズランキング