口臭と蓄膿症

蓄膿症という症状を知っていますか?

蓄膿症は、鼻の中に膿が溜まる病いのことです。

そんな、恐ろしい病いは自分とは関係無いだろう、と考える方が多いのですが、実は口臭の原因の何割かは蓄膿症が原因だと言われていて、蓄膿症は、私たちに身近な病いなのです。

この記事では、そんな蓄膿症による口臭の原因について解説していきます。
この記事を読んで、もしかして、、と、心当たりの有る方は病院に行って医師の診察を受けた方が良いでしょう。

蓄膿症による口臭の原因とは?

蓄膿症と口臭の関係

蓄膿症による口臭の原因は、鼻に溜まった膿です。

風邪を引いた時に、どろっとした黄緑色の鼻水が出てきたことは有りませんか?
あれは鼻の中に侵入した細菌を倒すために体が炎症を起こし、それにより膿や雑菌の死骸や汚れが作られ、体内から排出された物です。

そして、正常な状態なら細菌が殺菌されると自然と炎症も収まるのですが、稀に細菌が鼻に留まることで、鼻の炎症が収まらない状態になり、炎症が継続する慢性副鼻腔炎という症状に陥ります。

慢性副鼻腔炎になると、常に鼻が詰まった状態になり、鼻の中で膿や汚れが発生し続けます。
この慢性副鼻腔炎が悪化し膿が溜まる状態を蓄膿症の呼びます。
蓄膿症になると、鼻の奥で膿が作られ続けます。そして、その膿の臭いが呼吸によって流れ出し、口臭となるのです。
また、膿の臭いは自分の鼻からも感じますので、知らない間に鼻呼吸から口呼吸が多くなってしまいます。
その結果、口の中が乾燥してしまい口臭がより発生してしまうダブルパンチを起こします。

それでは、蓄膿症になってしまったらどうしたら良いのでしょうか?

蓄膿症になってしまったら?

素直に病院に行くのが良いでしょう。
民間療法や家庭での治療方法も有りますが、素直に病院に行った方が治りやすいです。

蓄膿症による口臭は、原因が体内で起きているので、口臭を自分が1番良く感じます。
鼻が詰まった状態が続く時や、黄緑色の痰や鼻水が出る、そして、口臭が気になるのなら蓄膿症による口臭を疑っても良いでしょう。

蓄膿症は風邪などが原因で、誰にでも発症する可能性が有ります。

自分は絶対大丈夫!
と、いうことは誰にも言えないので、もし、症状が疑われる際には病院に行くのが良いでしょう。

おすすめ口臭対策予防グッズランキング