チーズの様な口臭

口臭には様々な種類が有り、余り良いイメージは無いでしょう。
しかし、その口臭の臭いが気になり調べてみたら、思いも掛けない大きな病気に気が付くことができた、という事例も有ります。

そのため、口臭の臭いの発生原因を知ることには意味が有ると言えます。

この記事では、数有る口臭の中の乳製品チーズやヨーグルトのような臭いの口臭について解説していきます。
口臭くらい大丈夫だろう
と、放っておくと後で大変なことにもなるかもしれませんよ。

乳製品のチーズやヨーグルトのような臭いの口臭の原因3つ?

乳製品系の口臭の原因は①口内環境②匂い玉③胃の3つが考えられます。

それぞれを解説していきます。

①口内環境

虫歯や歯周病になっていると、チーズやヨーグルトのような乳製品系の臭いが発生し、それが呼吸となって外に漏れ出し口臭となります。

また、虫歯になる前の歯に汚れが着いている段階でも臭いが発生します。
歯茎から血が出ている、歯が痛いといった症状が有るのなら、口内環境による口臭を疑ってみても良いでしょう。

そして、口内環境による口臭は、歯医者さんに行って口内環境を整えることで改善することができます。

②匂い玉

人の喉の奥の扁桃腺の横にはポコっと穴が空いていて、体調が悪くなると膿が溜まります。
また、体調が悪くなくても汚れが溜まります。
そして、それが何かの拍子で外に出てくるのが匂い玉です。

匂い玉は、潰すと強烈な臭いが発生します。こんな物が口の中に有るなら臭くもなるだろう、と思うでしょう。

この匂い玉が溜まっていると、臭いが息に混じり口臭となることが有ります。

自分で匂い玉が原因の口臭なのか判別するのは難しいのですが、歯医者さんなら調べてくれます。
また、医師によっては掃除もしてくれます。

また、最近では自宅で匂い玉の掃除用の器具も販売されていますので、自分で掃除することもできます。
色々調べてみても、乳製品系の口臭の原因が分からない時には、匂い玉による口臭を疑ってみても良いでしょう。

③胃

胃に問題が起こっていると、胃から乳製品系の臭いが発生し、それが息に混じり、乳製品系の臭いがする口臭となります。
胃の調子が悪く、口臭が乳製品系のの臭いがするのなら、胃が原因の口臭だと疑ってみても良いでしょう。
この場合は病院にいって医師の診断を受けて、適切な治療を受けることで、口臭も治まって行くでしょう。

口臭は体からのサインで有る場合も有ります。

暫く続くようなら、放っておかずに原因を探って見るのが良いでしょう。

おすすめ口臭対策予防グッズランキング