酸っぱい口臭

口臭が酸っぱくなる原因はケトン体から?

ある日突然、口臭が酸っぱくなることが有ります。

そして、そうなっても多くの方が
「疲れているのかな?体調が悪いのかな?まぁ、大丈夫だろう」

と、軽く考えて済ませてしまいます。

しかし、実は口臭が酸っぱくなるのは、危険な病気の兆候で有る場合が有ります。
この記事では、そんな口臭が酸っぱくなる原因や、そうなった時の対処方法について解説していきます。

最近、家族から口臭が酸っぱくなったと指摘されたり、自分で感じている方は是非一読して下さい。

口臭が酸っぱくなる原因とは?

酸っぱくなる原因
口臭な酸っぱくなる原因は「ケトン体」という物質が関わっていることが多いです。

ケトン体、余り聞きなれない物質名だと思いますが、このケトン体は体の働きに深く関わっています。

体内でのケトン体の働きとは?

ケトン体は、体が脂肪を分解した時に生み出す物質で、体のエネルギー源となる物質です。

なら、問題ないのでは?
と思うかもしれませんが、実は大問題なのです。

実は、口臭が酸っぱくなる程にケトン体が体内に出てくることは、通常時では、なかなか有りません。

それは、現代人は食事によって糖を摂取しており、まずはその糖を分解してエネルギーにしているからです。

この糖が何らかの理由によって摂取できなくなれば、ケトン体が体内に出てくるのですが、現代人は糖を充分摂取しているので、そうなることはまず無いでしょう。

その為、恒常的に口臭が酸っぱい方は、体内の糖を分解できない何らかの病気を発症している可能性が高くなります。

例えば

糖尿病バセドウ病などが考えられます。

もし、口臭が酸っぱいことが分かったら?

口臭が酸っぱかったら
口臭が酸っぱいことを指摘されたり、感じた場合は、速やかに病院にいって医師の診断を受けた方が良いでしょう。

今は糖尿病やバセドウ病の研究も進み症状を緩和させることもできます。

しかし、それも早期発見できれば、という話です。

勿論、病気では無く体調の変化などによって酸っぱい臭いがしている場合も有ります。

しかし、個人で判断することは難しいので、どちらにしても、口臭が酸っぱい状態が有る程度続いたら、とりあえず病院にいって検査を受けた方が良いでしょう。

口臭が酸っぱい?それは危険な病気の前兆かも・・・まとめ

口臭が酸っぱいのは、大きな病気が原因となっていることが有ります。

口臭くらいで、と甘く考えずに、有る程度の期間続くようなら、病院にいって検査を受けるのが良いでしょう。

おすすめ口臭対策予防グッズランキング