空腹と口臭

空腹時の口臭には唾液が重要

お腹が空いた時は口臭が強くなります。
しかも、それはお腹が空いている時間に比例して強くなるのです。

貴方も経験はありませんか?
忙しくて昼食を食べる時間がない程、バタバタしていて、すっかりお腹がペコペコになってようやくご飯の時間になった、、と、思った時に、よく口の中を観察すると、ベタベタした感じと嫌な臭いを感じる、ということが!

私のお仕事は時間が決まっていないので、忙しいと昼食を取れなかったり、時間がズレてしまったりするので、空腹時の口臭を感じることは良くあります。

しかし、対策を取るようにした今では、空腹時の口臭を感じることも、めっきりすくなくなりました。

この記事では、そんな空腹時の口臭対策について解説していきます。
これを読めば、きっとあなたの空腹時の口臭対策に役立てることができるでしょう。

空腹時は何故口臭が強くなるの?

口臭なぜ

空腹時は唾液の分泌が抑制され唾液による口の中の殺菌抗菌作用が弱まります。
その為、空腹時は口臭の原因菌となる雑菌の活動が活発になり、口臭が強くなるのです。

また時間が経過すると、以前食べた食事のカスなどが口の中の雑菌に分解され匂いが発生します。

これも口臭の原因となります。
つまり、空腹時の唾液の分泌が滞ることが口臭の原因となるのです。

そしてそれは、時間が経過するほど状況は悪化し口臭が強くなっていくのです。

空腹による口臭を予防する方法

口臭予防
空腹による口臭を予防するには、唾液の分泌を促進するのが有効です。

私は予め作業中にも手軽に摂取できるガムや飴を用意しておいて、口臭が気になってきたかな?と思ったら口に入れるようにしています。

ガムや飴を口に入れるだけでも、かなりの唾液の分泌を促進でき、口臭を予防することができます。
どうしても、ガムや飴を食べられない時が多い場合には、口腔保湿スプレーを使ってみるのが良いでしょう。

空腹時の口臭対策方法は唾液が重要?まとめ

口臭まとめ
空腹時は口臭が強くなりやすいです。
しかも、それは時間の経過とともに強くなっていく傾向にあります。

忙しい人にとってはかなり厳しい現実だと思います。

しかし、しっかりと準備しておけば空腹による口臭を防ぐ事は十分にできます。

空腹時の口臭が気になる方は、飴やガムなどをカバンに入れておくと、いざという時に助かると思います。

おすすめ口臭対策予防グッズランキング