寝起きの口臭

朝起きた時(寝起き)の口臭の原因と要因について

人によって、朝起きた時に口臭が強くなる事が有ります。
誰しも朝起きた時は多少口臭が強くなるのですが、その強さは人によって様々です。

この記事では、そんな朝起きた時の口臭について解説していきます。
朝起きた時の口臭の原因、そして口臭が強くなる要因を順を追って説明していきます。

これを読めば、寝起きの口臭を改善する事ができるでしょう。

朝起きた時の口臭の原因

朝起きた時に口臭が強くなるのは、寝ている間は、唾液の分泌が少なくなるので、口の中が乾燥し、口臭の原因となる歯周病菌や虫歯菌の活動が活発になるからです。

この現象自体は、誰にも同じように起こるのですが、口臭が強くなる要因を持っている方は、朝起きた時の口臭が要因が無い方よりも強くなります。

朝起きた時の口臭が強くなる要因

口臭の原因
・飲酒

過度の飲酒は口臭の原因になります。

飲酒する事で摂取するアルコールは、寝ている間に肝臓で分解処理されますが、その時に多くの水分を使います。

その為、口の中の乾燥が進み、乾燥が進む事で口臭の原因菌の活動が活発になり、朝起きた時の口臭が強くなります。

・オーラルケア不足

寝る前に歯磨きや歯周病予防をせずに寝ると、口の中に汚れが溜まった状態で寝る事になります。

そして、口の中に汚れは、口臭の原因菌の大好物です。

この汚れが溜まっている程、口臭の原因菌の活動は活発になり、朝起きた時の口臭が強くなります。

・寝ている時に口呼吸

寝ている間に口呼吸をしている方は、口の中の乾燥がより進むので、口呼吸をしていない人と比べて、口臭の原因菌の活動が、更に活発になります。

口臭の原因菌が活発になればなる程、口臭は強くなるので、口呼吸は朝起きた時の口臭を強くする要因になります。

・ストレス

生活にストレスを感じていると、人は自律神経が緊張し、自律神経が制御している様々な機能に不調を起こします。

自律神経が制御している機能の中には、唾液の分泌も有り、ストレスを感じている事で、ただでさえ少ない寝ている間の唾液の分泌が、更に少なくなる事が有り、それによって、朝起きた時の口臭が強くなる事が有るのです。

朝起きた時に口が臭い!!寝起き口臭を強める要因とは?まとめ

口臭まとめ
朝起きた時に多少口臭が強くなるのは仕方の無い事だと思います。

しかし、口臭が強くなる要因が有ると朝起きた時の口臭は、かなり強くなります。
朝起きた時の口臭が気になる方は、口臭を強くしてしまう要因を消していくのが良いでしょう。

おすすめ口臭対策予防グッズランキング