緑茶

口臭に効く!お茶の種類について

ネットで口臭を予防する方法を検索していくと「お茶が口臭を予防する」という情報が目に付くと思います。
しかし、本当なのでしょうか?

お茶と言えば、日本古来から伝わる飲み物です。

これが、本当なら日本人の口臭対策は、お茶を飲むだけで大丈夫!という事になりますが、どうなのでしょうか?
この記事では、そんなお茶の口臭への効果や口臭に効く!お茶の種類を解説していきます。

そもそも口臭にお茶は効くのか?

お茶は口臭に効果は有ります。
しかし、お茶の種類によって効果はマチマチのようです。

それでは、どんなお茶が効果的なのか?を種類別に紹介していきます。
ここでは、口臭に効果の高いお茶を紹介していきます。

緑茶
緑茶と口臭
緑茶に含まれるポリフェノールには殺菌効果が有るので、緑茶を飲む事で口臭の原因菌の増殖を防止することができ、それにより口臭を抑える事ができます。

しかし、時間が経つと、また雑菌が増殖して口臭が強なるので、継続する効果が少ないのが事実です。
それならば、お茶を頻繁に飲めば良いのではないかと思うかもしれませんが、これもまたあまり良くありません。
何故なら、この緑茶に含まれるポリフェノールには利尿作用が(飲むと尿が出やすくなる)あるので、飲みすぎて尿を出しすぎると体の水分が失われてしまいます。
体の水分が減少するということは、「口の中が乾燥しやすくなる」ということに繋がり、これもまた口臭の原因に繋がってしまうのです。

・ウーロン茶
ウーロン茶と口臭
ウーロン茶は脂肪の燃焼を促進するだけでなく、虫歯菌や歯周病菌に高い殺菌が有るので、ウーロン茶を飲むことで口臭を抑える事ができます。

しかし、ウーロン茶も時間が経つと、自然と口臭の原因菌が増殖してしまうので、継続した効果は無いようです。

・豆茶(なたまめ茶)
なたまめ茶
なたまめ茶は、その成分に高い殺菌効果と抗炎症作用を併せ持つので、口臭に抜群の効果を発揮します。

抗炎症作用は有る程度の時間効果が持続するので、飲んだ時だけでなく、飲んだ暫く後まで、口臭を抑える事ができます。

お茶じゃないとダメなのか?

口臭対策に良さそうな飲み物にコーヒーが有りますか、コーヒーに含まれるカフェインは唾液の分泌を抑制する効果が有るので、コーヒーはその香りで、飲んだ時は口臭を誤魔化せますが、その後は口臭を促進してしまう効果があります。

また、紅茶は緑茶などに含まれる殺菌成分ポリフェノールを多く含んでいるので、緑茶と同じように飲めば口臭を抑える事ができます。

口臭に効くお茶はどれ?口臭に効果のあるお茶の種類はコレ!まとめ

口臭まとめ
お茶は口臭に効果が有ります。
しかし、多くのお茶はその場限りの効果なので、余り期待はしない方が良いでしょう。

口臭対策を目的にお茶を飲むのなら、飲んだ後も暫くの間は、口臭抑制効果の持続する、豆茶を選んで飲むのが良いでしょう。

おすすめ口臭対策予防グッズランキング