コーヒー

コーヒーを飲んだ後の口臭対策

コーヒーを飲むことは口臭に良くない

ということを知っていますか?

コーヒーは、一説には口臭に効果的だとも言われているのですが、実際には良くない場合も多いのです。
そもそも、コーヒーが苦手な人にとっては、相手がコーヒー臭いこと自体NGになってしましますが・・・
この記事では、そんなコーヒーと口臭の関係、そして、コーヒーによる口臭の対策方法を紹介します。

これを読めば、きっとコーヒーによる口臭を予防できるでしょう。

コーヒーは口臭に良いの?良くないの?

口臭なぜ
その独特な香りによってコーヒーは口臭予防になります。
しかし、その香りがタバコの香りや、体内からの口臭の香りなどの他の香りと混ざることで、口臭を強くしてしまうのです。

つまり、タバコを吸う方や虫歯や歯周病などで口臭が発生している方が、コーヒーを飲むと口臭が発生してしまうのです。

また、コーヒーは酸性の飲み物で、口の中はアルカリ性です。

口の中はアルカリ性に保たれることで、殺菌、抗菌作用を働かせて口臭を防いでいますが、コーヒーなどの酸性の飲み物を飲むことで口の中の殺菌、抗菌作用が弱まり口臭の発生を促進させてしまいます。

そして、コーヒーにミルクや砂糖を入れると、それらのミルクや砂糖が口の中に残り、その残りが口臭の原因菌の栄養になり、口臭を強くしてしまいます。

口臭を予防するのなら、コーヒーはブラックで飲むのが良いでしょう。

コーヒーを飲んだ後の口臭対策方法

コーヒーの口臭対策
実は、簡単なコーヒーを飲んだ後の口臭対策が有ります。

それは、水を飲むことです。

水を飲むことでコーヒーによる酸性作用を薄めることができ、更に、砂糖やミルクなどの口臭の原因菌の栄養となる物を洗浄することができます。

また、他にもコーヒーを飲んだ後にガムを噛むことで、口の中に唾液を分泌させて、唾液による殺菌、抗菌作用ちよってコーヒーの口臭を抑制することができます。

コーヒーを飲んだ後の口臭対策はコップ一杯の水?まとめ

口臭まとめ
コーヒーは、単体なら口臭に良い影響を与えますが、他の臭いと混ざることで口臭を強くしてしまいます。

また、コーヒーの酸性作用は時間が経過すると口臭の原因にもなります。

気になる方は、コーヒーを飲む回数を減らしたり、薄めたり、コーヒーの後に水を飲むようにする、といった対策を行うと良いでしょう。

おすすめ口臭対策予防グッズランキング