緊張と口臭

緊張による口の乾きからくる口臭対策方法

大事な会議の場、スピーチの場、結婚式の挨拶などなど

人は緊張すると口臭が強くなります。
これは誰しもそうで、人の自然な反応です。しかし、できれば口臭は避けたいでしょう。

この記事では、そんな緊張と口臭の関係について解説していきます。

これを読めば、緊張による口臭を予防することができるようになるでしょう。

緊張による口臭の原因とは?

人は緊張すると自律神経の交感神経が活発に働き出します。
そして、交感神経が活発に働き出すと、外部の環境に機敏に対応できるようになりますが、その代わりに体内の代謝機能が低下します。

低下する代謝機能の1つに唾液の分泌が有ります。
唾液は殺菌、抗菌作用が有り、口の中に唾液が分泌されることで口臭を防いでくれているのです。

しかし、代謝機能が低下することで唾液の分泌が止まり、口の中の殺菌、抗菌能力が低下、それにより口の中の口臭の原因菌の活動が活発になり、口臭が強くなるのです。

緊張による口臭を防ぐには?

口臭を防ぐ方法
緊張による口臭を防ぐ1番の方法は、緊張しないことです。

元も子もないと思うかもしれませんが、それが1番の予防方法です。

例えば
緊張しても何も良いことは無い、と「自己納得させて緊張を解く方法」「左手の薬指を軽く握る方法」「人という字を掌に書いて呑み込む」ことで緊張を解くといった、これらの一種の自己洗脳によって緊張状態を緩和させることができます。
ですが、これらの方法で緊張が全くなり口の乾きが完全に抑えられることは難しいと思います。

私も緊張する場面でこの方法を試してみたりはしますが、実際に口の乾きが全くなくなった!という実感は得ていません。

したがって、他の方法として飲食をしたり、ガムを噛んだり、レモンや梅干しの成分が入った食品を食べること、などの方法で唾液の分泌を促進させて口の中の殺菌、抗菌作用を正常に戻し、口臭を抑制する方法も有ります。
簡単な方法がガムや飴を食べて唾液の分泌を増やすことなのですが、ガムや飴を食べられない状況もあると思います。

そんな時は、口腔ケアスプレー を使ってみるのも良いでしょう。
口に2、3回スプレーするだけでかなり口の乾き(口臭)を抑えられます。
私も実際に、ガムや飴を食べられない状況の場合は、この口腔ケアスプレー を使用して緊張からくる口臭予防をしています。

緊張すると口が乾いて口臭が酷くなる・・・口の乾きを抑えるにはまとめ

口臭まとめ
人は緊張すると口臭が強なります。
これは仕方の無いことです。

しかし、事前に口臭対策グッズを準備しておけば、そんな口臭を予防することができます。

緊張する場面で口臭が気になる方は、準備して臨むと良いでしょう。

おすすめ口臭対策予防グッズランキング