歯磨き男性

歯を磨いても、一向に口臭が収まらないことが有ります。
実は、口臭は必ずしも歯を磨けば改善する物ではありません。

それは何故か?というと歯による口臭は、数ある口臭の原因の中の1つに過ぎないからです。
この記事では、歯を磨いても口臭が収まらない場合の原因について考察していきます。

この記事を読めば、貴方に潜んでいる歯以外の別の口臭の原因が分かるかもしれません。

歯以外の口臭の原因で考えられること

口臭

原因その1.歯周病

口臭は歯茎の病気、歯周病によっても発生します。
歯周病になると、その部分を下手に歯磨きをしてしまうことで、患部を悪化させてしまい、より口臭が強くなることも有ります。
硬めの歯ブラシではなく柔らかめの歯ブラシを使いブラッシングすることが大切です。

歯茎から頻繁に血が出る、歯茎の色が赤黒い、黒っぽい方は歯周病による口臭を疑っても良いでしょう。

歯周病は歯科医に行けば治療できます。
放置すると口臭だけでなく、最悪歯が抜けてしまうこともあるので、気になる方は早めに医師の診察を受けた方が良いでしょう。

原因その2.呼吸器、内臓系疾患

呼吸器、内臓系疾患を発症することで、体内から臭いが発生し、その臭いが口臭となります。
この場合、疾患を治療しないと口臭は収まりません。

口臭が普段と違う腐敗臭やすえた臭いだと察知したら、早めに医師の診察を受けた方が良いでしょう。

原因その3.糖尿病

糖尿病を発症すると、体臭と口臭が甘酸っぱい臭いになります。
糖尿病は早期発見すれば、今は症状を抑え込める病気です。

体臭や口臭が甘酸っぱいと感じたら、早めに医師の診察を受けた方が良いでしょう。

原因その4.乾燥

睡眠時の口呼吸や緊張によって口の中が乾燥し、口臭が発生します。
乾燥することで、普段口臭を抑え込んでいる唾液の分泌が滞り、口臭が強くなることが原因です。

ただ、この場合の口臭は、唾液が分泌されれば自然と収まって行くので、そこまで気にする必要は無いと思います。

原因その5.食べ物

にんにく、ニラなどの臭いの強い食べ物を食べることで、それらの臭いが体内に発生し、体臭ら口臭となって出てきます。
気にはなると思いますが、時間が経てば自然と臭いは収まって行くので、余り気にする必要はないでしょう。

口臭は歯を磨いても収まらない場合が沢山有ります。
歯を磨いても口臭が収まらない場合には、歯以外の口臭の原因を疑ってみても良いのではないでしょうか?

おすすめ口臭対策予防グッズランキング